神の世界と桃太郎

 

 桃太郎童話は何故あるのか?これは面白おかしく意味もなく作られたのではなく、古来から日本人が神の世界との接点からみいだした、天地(夜と昼)の道理を後世に残すべく作られたものなのです。

 私達人間は、昼の光の恩恵によって生かされていますが、夜になると光は

奪われ闇に包まれます。

 桃太郎物語に登場する鬼は、私達人間から光を奪う闇(夜の星)の支配者(神)であり、それは夜空に君臨する北斗七星の事なのです。

 また、朝地上に光の世界が戻ってくるとき、明け方の空に一番目立って輝くのは暁の明星(金星)ですね。

 鬼に奪われた光の世界を取り戻してくれる、暁の明星が桃太郎ということなのです。

 

  闇夜を支配する鬼を倒す暁の明星は桃太郎なのです。

  < 相原正博 >

Copyright Since 2016 Japanese Momotaro Association. All Rights Reserved.

​日本桃太郎の会 公式ウェブサイト

  • Facebook Black Round